メディア論考

『グレート小鹿の「小鹿注意報!」―黄金のプロレス伝説、ここにあり!!』(五月書房)は2000年代前半のブログが書籍化された

『グレート小鹿の「小鹿注意報!」―黄金のプロレス伝説、ここにあり!!』(五月書房)は、2000年代前半のブログが書籍化されたものである。ジャイアント馬場に対する恨み節も含まれているが、是々非々で語れるのは誠実に仕事をしてきた証といえる。
メディア論考

『「金権編集長」ザンゲ録』(文藝春秋社)は、ターザン山本がプロレスの雑誌編集者&ライター時代のブラックな金のやり取り告白

『「金権編集長」ザンゲ録』(文藝春秋社)は、ターザン山本がプロレスの雑誌編集者&ライター時代のブラックな金のやり取りを告白した書物である。「お車代」は複数の団体からもらったが、いちばんもらっていたのは、因縁深いあの団体だったという。
メディア論考

『秘話ー「ラッシャー木村」と「木村政雄」~次男が語る国際プロレス崩壊後の28年9ヶ月』は『Gスピリッツ46』(辰巳出版)の記事

『秘話ー「ラッシャー木村」と「木村政雄」~次男が語る国際プロレス崩壊後の28年9ヶ月』は『Gスピリッツ46』(辰巳出版)の記事である。特集「1981年8月9日以降の国際プロレス」では、鬼籍に入った本人に代わって次男の木村宏氏が新事実を語っている。
メディア論考

『こんなプロレス知ってるかい』(ユセフ・トルコ著、KKキングセラーズ)はユセフ・トルコが中立の立場でBIについて語る

『こんなプロレス知ってるかい』(ユセフ・トルコ著、KKキングセラーズ)をご紹介しよう。1984年4月25日初版一刷の懐かしい書籍である。アントニオ猪木派と思われたユセフ・トルコが、齟齬からその立場を離れ、比較的中立の立場でBIについ...
メディア論考

『史論ー力道山道場三羽烏』(辰巳出版)はジャイアント馬場、大木金太郎、アントニオ猪木のアメリカ武者修行時代俯瞰

『史論ー力道山道場三羽烏』(辰巳出版)を読了した。ジャイアント馬場、大木金太郎、アントニオ猪木という力道山道場三羽烏のアメリカ「武者修行」時代にスポットを当てて、誰が力道山の真の後継者だったのかを考えさせる書籍である。
メディア論考

アブドーラ・ザ・ブッチャーが第13回ワールドリーグ戦決勝戦に出場したときの真相を語ったとされる記述が興味深い件

アブドーラ・ザ・ブッチャーの引退セレモニーが、2019年2月19日に両国国技館の『ジャイアント馬場没20年追善興行~王者の魂~』において行われた。“黒い呪術師”といえばあの第13回ワールドリーグ戦決勝戦に出場。その真相を語ったとされ...
NEWS

ジャイアント馬場20thメモリアルイベント~ジャイアント馬場展は昭和プロレスの輝いた時代を思い出さずにいられない

ジャイアント馬場20thメモリアルイベント~ジャイアント馬場展が、2018年12月29日~2019年1月7日まで、東急百貨店(渋谷区道玄坂)3階イベントサロンにて開催と聞いたので、さっそくお伺いしました。大晦日だったにもかかわらず多...
メディア論考

『外国人レスラー最強列伝』(文藝春秋)は『新日本プロレス12の怪人』『全日本プロレス超人伝説』に続く門馬忠雄3部作

門馬忠雄の『外国人レスラー最強列伝』(文藝春秋)を読みました。本書は、東京スポーツ以来、プロレス記者50年になるの門馬忠雄氏が、『新日本プロレス12の怪人』『全日本プロレス超人伝説』に続く3部作として上梓したものです。
NEWS

馬場元子さんが亡くなった。印象深い2000年天龍源一郎復帰と2016年三条名誉市民贈呈式。言われるほど悪い人ではない

馬場元子さんが亡くなったと報じられた。ジャイアント馬場夫人として、プロレスファンにはお馴染みの方である。ただし、決して自ら好んで表舞台に出るわけではなかった。印象深いのは、2000年の天龍源一郎復帰と2016年の三条名誉市民贈呈式である...
中継論考

ブルーノ・サンマルチノの訃報が話題に。1967年3月2日大阪府立体育館のジャイアント馬場戦など熱闘を繰り広げた

ブルーノ・サンマルチノの訃報が話題になっている。米ペンシルバニア州ピッツバーグで死去。死因は不明。享年82歳。米プロレス団体WWEの公式サイトや、アメリカのの複数メディアが伝えたという。昭和プロレス史に残るジャイアント馬場との激闘が懐か...